肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

保湿とスキンケア

ホルモンと保湿

肌の乾燥は気候や加齢など、多くの要因によって起こりますが、ホルモンのバランスも保湿に関係があります。性ホルモンは男女間で分泌量などに大きく差がありますが、これらの性ホルモンは保湿に大きく関係しているとされています。

男性ホルモンは、基本的に皮脂の分泌を促す働きがあり、対する女性ホルモンは皮脂の分泌を抑制する働きがあります。この為、男性の方が肌が脂ぎっている事が多く、女性は肌が乾燥しやすいとされています。

皮脂は過剰分泌は、ニキビ等の肌トラブルの原因になりますが、皮脂は角質層の水分の蒸発は防いで外部からのバリア機能もあり、適度に分泌される事が求められます。また、女性ホルモンには妊娠や生理を促す働き以外に、肌の状態を整える働きがあります。

生理中に分泌される女性ホルモンは、身体が妊娠しやすいように整える働きがあるので、身体を守る為に皮脂の分泌を増やす効果があります。この為、生理前や生理中は肌荒れやニキビが出来やすいといわれ、肌の状態が荒れやすいとされています。

また、性ホルモン以外にも、肌の状態を左右するホルモンがあり、睡眠中に分泌される成長ホルモンは、細胞の新陳代謝を起こして、肌の状態を回復する働きがあります。成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌され、体の疲労やダメージを修復する働きがあります。

成長ホルモンは大人になっても分泌されていますが、分泌量は年齢とともに減少し、大人の肌を回復するにはしっかりホルモンが分泌されるように睡眠をしっかりとる必要があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved