肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

保湿とスキンケア

乾燥肌の保湿

もともと肌にあるバリア機能が、その働きを維持できないと肌の水分は蒸発して乾燥してしまいます。乾燥した肌を元のハリのある肌に戻すには、保湿成分を補う必要があります。

肌の保湿で重要な事は、乾燥した肌にただ水分を補給するだけではなく、補給した水分が失われないように、保湿成分で肌に蓋をする必要があります。肌に化粧水で水分を補ったら、保湿効果のあるクリームなどで肌バリア層を作ります。

乾燥した肌というのは、単に水分が失われているだけでなく、皮脂や天然保湿因子といった保湿成分がはだに不足している状態で、肌が健康になってこれらの成分が自然に出来るようになるまでは、セラミドやヒアルロン酸を外部から補ってやる必要があります。

乾燥肌用の保湿対策に有効な成分は、セラミドなどもともと肌の成分として存在し、角質などで肌の水分を保持しているものがいいでしょう。他にも、保湿効果の高いヒアルロン酸などが効果的で、化粧水などで幅広く肌の保湿に利用されています。

保湿効果の高いセラミドは、もともと角質層にも存在していますが、加齢などで減少してしまい肌の乾燥の原因になっています。肌の保湿成分には、セラミド以外にも皮脂や天然保湿因子がありますが、最も保湿効果の高いとされているのは細胞間脂質のセラミドです。

セラミドが減少すると、肌が乾燥するだけでなく、角質層が厚くなってしまい、ひび割れを起こしてあかぎれ等の原因になるので、肌の乾燥が悪化する前に対策を行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved