肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

保湿とスキンケア

紫外線と保湿

紫外線にさらされて日焼けした肌は、水分が奪われて乾燥しており保湿が必要です。日焼けは、紫外線による強力なダメージが肌に与えられており、シワなど肌の老化の原因になることがわかっています。

日焼けによる紫外線の影響は、オゾンホールの破壊されたオーストラリアでは非常に深刻な問題で、日本人でも皮膚癌の原因になるとして、日焼け対策を行う重要性が広まっています。日焼け止めや日傘を対策として行っていても、紫外線は反射などで照り返す事があり、完全に防ぐ事は出来ません。

この為、日焼け対策をしていたとしても、紫外線を浴びたらスキンケアを行って、乾燥した肌をきちんと保湿してあげましょう紫外線にさらされた肌は、紫外線の強力なエネルギーで水分が不足しており、肌のバリア機能が低下して保湿力が落ちています。

この為、紫外線にさらされた肌には、不足した水分を補うために保湿を十分行う事が求められます。十分保湿してやれば、低下した再生力や免疫力も復活して、シミやシワに対抗できる若々しい肌を作る事ができます。

日焼けする場所は顔以外にも、腕や首などが日焼けしやすいとされています。顔でなくても、紫外線に照らされた肌は、保湿ジェルで保湿しておきましょう。また、日焼けする前から十分な保湿をしていると、肌のバリア機能が強化されて、紫外線のダメージをかなり抑える事ができるとされています。肌の老化を防止するためにも、日焼け後の保湿はしっかり行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved