肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌を保湿する栄養

ビタミンA

肌の保湿を行っていくには、肌の表面からだけでなく、身体の内側から行っていく事も重要です。特に、ビタミンAは肌の潤いを保つ事で知られており、摂取することで肌の保湿効果がアップします。

ビタミンAは、皮膚などの粘膜を正常に保つ働きがあり、皮膚の角質を正常に作る手助けを行ったり、肌の新陳代謝を促進したりしおます。

体内にビタミンAが不足してしまうと、保湿効果が薄れて肌が乾燥し、肌あれやカサつきなどをおこしたり、にきびといった肌トラブルの原因になります。

ビタミンAはサプリメントで摂取する事もできますが、野菜を食べることで食事から摂取する事が可能です。緑黄色野菜に多く含まれているβ-カロテンは、体内でビタミンAに変化するので、β-カロテンを摂取することでもビタミンAは補う事ができます。

β-カロテンには脂質の酸化を防ぐ効果があり、肌にしわができないようにする、老化防止効果も期待できます。ビタミンAは緑黄色野菜に含まれるβ-カロチン以外に、レバーやうなぎに含まれるレチノールを食べる事でも摂取する事ができます。ビタミンAはビタミンには珍しく脂溶性なので、火に強く油で調理したりして、脂肪分と摂取することでより効率的にビタミンAを摂取する事ができます。

ビタミンAは肌の保湿以外に、目の健康にも効果があり、パソコンなど仕事で長時間使っている場合は、ドライアイや眼精疲労の恐れがあるので、積極的にビタミンAを摂取するようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved