肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌を保湿する栄養

ビタミンB

ビタミンB群も肌の健康に大きく関係する栄養素で、特に、ビタミンB2とB6は皮膚の粘膜を保護する働きがあり、肌の保湿を保つ上で欠かせない成分です。また、肌のハリを強化する働きもあり、たるみを予防したり、毛穴が開いてしまわないようにする効果があります。

ビタミンB2は、主に細胞の再生や成長を促す働きがあり、皮膚の発育に大きく関係しています。ビタミンB2には体内で補酵素として働くことで、脂質をエネルギーに変換する働きもあり、代謝にも関係しています。

ビタミンB2が体内に不足すると、肌荒れが起こりやすくなり、肌が脂っぽくなって皮脂が増える、といった症状を引きおこします。ビタミンB2は水溶性なので、体内に溜めておく事ができず、毎日摂取する必要があります。ビタミンB2はレバーや納豆、また乳製品などに含まれており、火に弱いのでなるべく生で食べれる物で摂取するのがいいでしょう。

肌の保湿に関係あるビタミンB群には、他にビタミンB6があります。ビタミンB6は、皮脂分泌を調節して、肌の保湿をコントロールする働きがあり、皮脂が過剰に分泌して肌荒れが気になるという場合は、ビタミンB6で過剰な皮脂分泌をコントロールするようにしましょう。

また、ビタミンB6はアミノ酸やたんぱく質の代謝という、身体を構成する成分の代謝に関係があります。健康な皮膚を作るには、ビタミンB6は欠かす事が出来ず、肌の免疫力を高めて肌荒れがおきないようにする効果があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved