肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌を保湿する栄養

ビタミンC

ビタミンCは、美肌のビタミンともいわれる栄養素で、肌の保湿を行う上で欠かすことができません。ビタミンCは、肌の保湿効果に関係のあるコラーゲンの合成に関係があり、加齢でコラーゲンが合成し難くなっている場合は、積極的にビタミンCを摂取していくようにしましょう。

ビタミンCには、肌のハリを保ち、ニキビなどの肌荒れを予防する効果があり、皮膚の再生やシミの原因であるメラニン色素を無色化する働きなど、肌の健康には欠かすことができません。また、ビタミンCは、強い抗酸化力で紫外線やストレスといった保湿を妨げるものを排除する働きもあります。

このような、肌に対して素晴らしい働きのあるビタミンCに注目し、ビタミンCを直接肌から吸収させるためのビタミンC誘導体があります。ビタミンC誘導体は化粧水などにも多く含まれており、表面からビタミンCを肌に取り込むには効果的です。

ただ、肌の外側からだけでなく、身体の内側からもビタミンCを摂取して、美肌をつくるようにしましょう。ビタミンCは水溶性で蓄積されない栄養素なので、毎日摂取するようにしましょう。

ビタミンCを食事で取り入れるには、野菜と果物をたべるのが効果的です。ビタミンCはほとんどの野菜にたくさん含まれており、1日に3000mg以上のビタミンを摂取すると、肌の保湿効果をあげて、肌を美肌に保つ事ができるとされています。

しかし、ビタミンCはタバコやストレスなどで破壊されてしまい、すぐに不足してしまいます。食事で摂取するのが難し場合は、サプリメントを上手く利用しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved