肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌を保湿する栄養

ビタミンE

ビタミンEは、強い抗酸化があるので、老化の原因になる過酸化脂質を排除して、若返えらせる効果があります。ビタミンEには、自律神経の働きを促して血行を促進し、肌に酸素と栄養素を行き渡らせることで肌の健康を促し、保湿効果を高める事ができます。

また、ビタミンEは皮膚の新陳代謝を高めて、メラニン色素の生成を抑制し、ホルモン分泌を調整してシミやしわができないように、保湿効果を促す事ができます。ビタミンEにはあ、皮膚の乾燥を防止する効果があり、皮膚の再生を促して肌の老化がおきないようにする効果が期待されています。

ビタミンEは肌への浸透力がよく、角質化して乾燥し、硬くなった肌でも奥まで浸透して、乾燥肌の改善効果が期待できます。

老化した肌を蘇らせるといわれる若返りビタミンのビタミンEは、老化して乾燥しやすくなった肌にも効果的に働きかけ、症状の改善を行ってくれます。ビタミンEの優れた保湿効果は、皮膚からの吸収率が高いという特徴もあり、ビタミンEに限っては食べて摂取するよりも、直接肌につけた方が吸収率は10倍もいいとされています。

空気が乾燥する季節は、ビタミンEを含む美容液を使用してスキンケアを行うと、効果的に保湿してくれて肌が乾燥するのを防止して貰える事が期待できます。肌から吸収しやすいという美容成分少なく、効果的に保湿を行いたい場合は、ビタミンEやビタミンCをぬるようにしましょう。

ビタミンEはビタミンCと一緒に吸収することで、相乗効果で保湿効果や美白効果が高まるとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved