肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌を保湿する栄養

プラセンタ

プラセンタは胎盤から抽出したエキスで、胎児の成長に必要な豊富な栄養素が含まれており、医薬部外品にも利用される高い美容効果に注目が集まっています。

特に、プラセンタにはシワなどを取り除く保湿効果があるとされ、肌の潤いを保ち、ハリをもたせるとされています。プラセンタには強い抗酸化作用があるので、肌の老化の原因になる活性酸素の除去が可能です。

また、プラセンタには肌の新陳代謝を高める働きがあり、細胞を活性化して肌をいつまでも潤いとハリのある肌に保ってくれます。またプラセンタには成長因子という特徴的な成分があり、コラーゲンやエラスチン、またヒアルロン酸といった、肌の保湿効果やハリを保つ成分に直接働きかえることで、加齢で生産力の落ちた成分を増やして肌を若返らせる効果があります。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は肌の保湿成分の仲間ですが、分子量が大きいことから、直接肌に浸透させることは難しく、コラーゲン等は増やす事が困難であるとされていましたが、プラセンタは肌から直接浸透して働き掛ける事が可能であるとされています。

プラセンタにはホルモンバランスを調節する働きもあり、ホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰分泌している場合は、正常な状態に戻す効果が期待されています。

プラセンタには新陳代謝を活発にして美白効果がある事も知られており、保湿だけでなく美白を促す事で、瑞々しいだけでなくキメの細かい、赤ちゃんのような繊細な肌をつくる手助けができます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved