肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿方法

クリーム

化粧水で洗顔で失われた肌の水分が補給できたら、せっかく補った肌の水分が、また出ていかないように保湿して蓋をします。一般的に、水分補給は化粧水で行い、保湿は乳液やクリームで行われます。

乳液は、肌の水分蒸発防止を行う働きがあり、不透明で乳白色をした粘り気のある乳状の化粧品です。乳液には油分が含まれており、乳液を水分補給した肌に塗る事で、肌を蓋をする事になり、水分の蒸発を防いで保湿します。

ただ、保湿は肌の皮脂や角質幹細胞脂質や、天然保湿因子が行ってくれるので、脂質肌の人などはしっかり水分補給出来ていれば、わざわざ乳液を使用する必要もないとされていますが、肌の保湿成分が減少している乾燥肌や敏感肌の場合は、肌の水分を油分で閉じ込める必要があります。

この時、なるべく肌の成分に近い、セラミドや天然保湿因子が配合されているものがいいでしょう。最近では保湿液に美容液と同じような効果のある、美白やアンチエイジングなどのケアもできる成分が含まれている場合があります。

保湿剤の一番目的は、補った肌の水分が出て行かないように、しっかり潤いを保湿する事です。この為、化粧水や乳液以外に美容液を使用したい場合は、乳液で保湿して肌に蓋をしてしまう前に有効成分が肌にしかり浸透するよう、化粧水のすぐ後に美容液で浸透させて、乳液で保湿しましょう。

また、化粧水はケチらずたっぷり使用した方がいいですが、乳液はべたつくので、しっかり顔全体を覆える位の量で充分です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved