肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿方法

パック

肌の保湿を目的としてスキンケアでは、市販のパックも効果的です。保湿や美容効果を目的としたパックには、張って剥がすタイプのパックや、あとで洗い流すタイプなど様々にあります。

パックは普段のスキンケアにプラスしたケアになるので、即効性などがありますが、たまにパックしていればいいという訳ではないので、毎日保湿ケアはしっかりと行いましょう。

張ってはがすタイプのシートパックは、美容成分をたっぷり染み込ませたパックを肌に載せるだけで、簡単に肌の健康に有効な栄養分を取り込むことができます。

洗い流すタイプのパックにはあ、クリームタイプとクレイタイプなどがあり、クリームタイプのパックでは、水分が多いシートパックでは補えない油分も、パックで補い保湿する事ができます。

水分と保湿を同時に補給できるので、乾燥だけでなく、たるみやシワなど肌の老化が気になる人にお勧めです。クレイパックの場合、泥の吸着効果を利用したパックで、皮脂の分泌が多く毛穴に汚れがたまり安い人は、泥が汚れを吸着して取り除いてくれます。

また、クレイの乾燥時にリフトアップ効果があり、洗い流すのは面倒ですがシートタイプに比べて、保湿以外の効果が期待できます。このようなパックは、保湿効果が普通にスキンケアするよりも高く、顔のむくみ解消効果にもなるとされています。その為、週に1回の割合でパックでの保湿ケアを利用していくと、肌が十分潤って瑞々しく若々しい状態を維持できます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved