肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿方法

化粧水

化粧水は保湿を行う事よりも、洗顔後の水分が失われた皮膚に水分を補給する役割がメインにあります。ただ、保湿効果もある化粧水もあり、肌の質に合わせて上手く使い分けていきましょう。化粧水は大きく分けてノーマルな化粧水、ふき取り型化粧水、そして収斂化粧水の3に分ける事ができます。

ノーマルな化粧水は、特に肌に乾燥肌や敏感肌といった問題がなく、一般的に健康な肌といわれる人に向いています。ノーマルな化粧水は水分浸透力が高く、保湿効果や肌の柔軟作用などもバランスよく配合されています。

ノーマルな化粧水でも、少し乾燥が気になる人は使い心地がしっとりとした保湿効果の高い化粧水と、脂質肌という訳ではなくても、肌のべたつき感が気になる人はアルコールが使用されている、使い心地のさっぱりしたものがあり、自分の肌のタイプに合わせるようにしましょう。

収斂化粧水は、脂性肌の為の化粧水で、収斂には引き締めるという意味があります。毛穴を引き締めて余分な皮脂の分泌をおさえることで、皮脂が余分に分泌されないようにし、開いた毛穴を引きしめることで、きめを整える効果があります。

収斂化粧水にはノーマルな化水よりもアルコールが多く含まれています。ふき取り型化粧水の場合、コットンなどに化粧水を染み込ませて、肌をやさしくふき取ります。

古くなった角質や汚れをふき取る以外に、肌荒れの原因になりやすい石鹸カスを除去する効果もあります。ふき取り化粧水は、顔をさっぱりさっせる効果があるので、乾燥肌た敏感肌のような肌質の弱い人は避けるようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved