肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿方法

洗顔方法

洗顔の方法はスキンケアにとって大事なポイントで、洗顔後の保湿をいくらしっかり行っても保湿を行う前の洗顔がきちんと行えていない場合は、保湿も意味がありません。

正しい洗顔方法でスキンケアを行い、水分補給してばっちりと保湿を行うようにしましょう。洗浄は肌についた汚れや皮脂を洗い流し、肌を清潔に保つことが目的です。綺麗に洗いあげ、古い角質などを残さないようにし、水分補給が邪魔されることなく行える事が求められます。

正しい洗顔を行うには、まず、洗顔前にぬるま湯で軽く顔の表面を濡らしておきます。この時、ぬるま湯で適度に汚れを落としておき、ぬるま湯で毛穴が開らいた状態にして、後で毛穴の奥の汚れも取り除けるようにします。

冷たい水では皮脂が落としにくく、毛穴がしまってしまい、毛穴の奥の汚れを落とす事ができません。逆に、温度が高すぎると火傷しています。できれば、蒸しタオルで毛穴を十分に広げてから、洗顔するのが一番いいでしょう。

洗顔で最も重要なことは、洗顔料の泡立て方です。洗顔は手のひらで石鹸を塗りつけて洗うのではなく、ホイップクリームのようにきめ細かく泡立てた洗顔料で、肌の上を泡で転がすようにして洗顔するのが正しい洗顔方法です。

洗顔は手でこすることだけは駄目で、しっかりと泡立てることで泡が汚れを落とすスポンジや、肌への衝撃を吸収するクッションになります。顔全体を泡で包み込むように洗ったら、石鹸カスが残る事がないように、洗う時よりも時間をかけて洗うようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved