肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿方法

脳内疲労の解消

肌の保湿を行うには、ただスキンケアを毎日行っていればいいという訳ではありません。肌の健康は、肌の状態だけでなく、日々の生活習慣や食事、睡眠等が大きく関係していきます。

特に、ストレスや疲労は肌の健康を害して、保湿ケアを邪魔します。よく、睡眠不足が美容の大敵と言われるように、肌の美しさは脳の疲労にも影響されています。

角質などのある表皮は毛細血管から酸素や栄養を受け取って、ターンオーバーを行っていますが、脳内疲労が続いていると、脳は肌よりも脳の疲労を回復させようとして、血液の多くを肌ではなく脳に優先的におくるようになります。

すると、顔に運ばれる酸素や栄養分が不足して、脳だけでなく肌へのダメージや疲労が蓄積され、ターンオーバーのリズムもくずれてしまいます。その結果、傷んだ肌が再生しないので、保湿も十分に出来ずくすみやニキビ、乾燥などの肌トラブルの原因になります。

脳内疲労を溜めこまない為には、脳を十分休ませることが大切です。女性の肌は、仕事や家事のストレスで脳内疲労が蓄積していき、表面的なスキンケアにお金をかけても、肌の内部がガタガタなので、なかなか解消されまず、保湿効果がえられません。

脳内疲労を解消するには、自分なりのリラックス方法を見つけて、脳に休息を与えることです。脳内疲労の回復の仕方は、リラックスすることが重要です。半身浴で汗を流したり、アロマテラピーで気持ちをリラックスさせたりと、自分に当ている方法で行うようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved