肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の基礎知識

敏感肌

敏感肌とは、肌の成分の一であるセラミドが不足した状態です。セラミドが肌で不足すると、角質層での水分保湿能力の低下や、皮膚表面の皮脂膜が不足してしまい、紫外線やホコリなどの外部からの刺激に大変弱くなってしまいます。

敏感肌はセラミドが不足しているので、他の人はなんでもない外からの刺激に弱くなり、肌が赤く炎症したり腫れてしまうなどで、肌荒れをおこしやすくなります。敏感肌は外部の刺激に非常に弱いので、肌を刺激から保護するためにも、保湿を十分行う事が求められます。

特に、皮膚の中のセラミドが不足しており、ウイルスやアレルゲンなどが侵入しやすいので、保湿ケアでは最も保湿能力が高いとされるセラミドが配合された保湿剤を使用するのがいいでしょう。

保湿剤には、化粧水タイプやクリームタイプなどがありますが、敏感肌の場合保湿剤に使用されている成分すら染みる危険があります。敏感肌はアレルギー体質であるので、肌に合わない化粧品の使用で肌が簡単に荒れてしまいます。

敏感肌の保湿ケアでは、無添加のコスメを使用したり、肌の水分と油分のバランスを回復させる事が大切です。セラミドが配合されている保湿剤で無添加であっても、化粧品へのセラミドの含有量も重要です。

一般に、セラミドの濃度は1%~2%ぐらいが適量とされていますが、これより濃度が少ないとセラミドの効果があまりなくなってしまい、敏感肌があまり改善されないので注意しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved