肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿成分

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種で、人間を構成するタンパク質の1/3がコラーゲンで出来ているとされています。コラーゲンは若い時は肌にたくさんありますが、25歳を過ぎると生産量が減少し始め、紫外線や喫煙などのダメージで効果がなくなっていきます。

コラーゲンは主に肌の弾力を司っており、肌の老化に大きく関係しています。コラーゲンは肌にだけあると思っている人もいますが、人間の全身に存在するタンパク質の一種です。

コラーゲンの働きは、身体の形を整えたり、細胞同士をつなぎ合わせる働きがあります。特に、皮膚にあるコラーゲンは、肌の弾力性を保っており、若々しいハリのある肌はコラーゲンが沢山ありますが、加齢で減少するコラーゲンは成人の肌に、あまり多く含まれているとは言えません。

コラーゲンは肌の成分としては、保湿よりも肌の構造を支える働きが主になりますが、化粧品の成分としてのコラーゲンは保湿力が注目されています。

コラーゲンを増やそうと、肌の表面からコラーゲンと塗布しても、分子が大きくて真皮まで浸透することはできませんが、コラーゲンは保湿力をスキンケアに利用すれば、ヒアルロン酸と同じくらい保湿力があるとされています。

コラーゲンが優れた保湿力があるのは、コラーゲンの分子が表面積が大きい事が関係しています。表面積が大きいので、コラーゲンは肌から浸透する事ができませんが、その分水分をたくさん取りこむ事ができ、保湿力が高くなっています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved