肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿成分

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は細胞同士を接着して、細胞間から水分が蒸発するのを防ぐ働きのある、ムコ多糖類の一つです。ヒアルロン酸1gに対して、6リットルの保水力があることがわかっており、分子量が大きくなると水分を吸ってネバネバしたゼリー状になります。

ヒアルロン酸も他の肌の成分と同じく、年齢とともに減少してしまうので、肌を保湿するにはヒアルロン酸を補充していく必要があります。

ヒアルロン酸は、特にコラーゲンと一緒に摂取するのが効果的とされていますが、肌のハリを保つコラーゲンはヒアルロン酸が減少すると、変性してしまいエラスチンも減少してしまうので、肌のハリが失われてしまいます。

このように、肌の健康を保つにヒアルロン酸を補って行く必要がありますが、ヒアルロン酸もコラーゲンと同じく分子量が大きい為、肌から直接ヒアルロン酸を増やす事ができません。

ヒアルロン酸を真皮で増やすには、ヒアルロン酸を食事で摂取するのもいいですが、注射を行うのが最も効率的な方法になっています。ヒアルロン酸を注射で増やすと、肌にすぐにハリが出来てシワが解消されていきます。ただ、ヒアルロン酸はもともと肌の中の成分なので、時間がたつと身体に吸収されてしまうので、定期的に補っていく必要があります。

ただ、ヒアルロン酸配合の化粧品が全く無意味であるという事ではなく、ヒアルロン酸自体にも優れた保湿力があるので、角質などの肌の表面を覆って、肌の保湿をするという効果は十分期待できます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved