肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿成分

天然保湿因子

天然保湿因子(NMF)は、肌の角質内にある保湿成分で、ほぼアミノ酸で構成されています。天然保湿因子に含まれるアミノ酸代謝物は、水分の吸水性に優れており、肌が乾燥して粉をふいたり、かさついたりする事は、天然保湿因子の不足が原因であるとされています。

角質層は、本来細胞が角化した物が、層状に積み重なっているものなので硬いのですが、保湿力と吸水性が高い天然保湿因子があるおかげで、角質層は柔軟に保たれて、柔らかい肌でいられるのです。

天然保湿因子は保湿力はそれほど高くはありませんが、肌への馴染みがよく、さらっとした質感である事から、肌の保湿成分としてだけでなく、化粧品の成分としても利用される事が多いです。

天然保湿因子は外の環境などでも増減し、肌の乾燥を防いで保湿力をあげるには、天然保湿因子が減少しないようにする必要があります。天然保湿因子は、肌の表皮の顆粒層で作られます。

天保湿因子は食事で直接増やす事が困難であり、減らさないようにしていく事が重要です。天然保湿因子はターンオーバーで顆粒層から作られているので、周囲の環境だけでなく、睡眠不足や不規則な生活でターンオーバーが遅れがちになると、天然保湿因子が肌の表面まで到達しなかったり、作られなかったりします。

また、天然保湿因子は非常に水分と馴染みやすいので、保湿パックを長時間しようしていると、パックに天然保湿因子が取られてしまう事があるので、必ず使用時間を守るようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved