肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌の保湿成分

皮脂

肌が潤った状態の肌は、皮膚の一番表面にある角質層に適度に皮脂が分泌された状態を言います。皮脂というと、顔のテカリの原因であるとして、脂取り紙で根こそぎ皮脂を取ってしまったり、1日に何度も洗顔して皮脂を洗い流してしまう人が多くいます。

しかし、肌の保湿は、皮脂と天然保湿因子、そして細胞間脂質のセラミドという3つの保湿成分がバランスよく肌にある状態が、潤いが保たれて乾燥しない肌の状態です。

3つの成分のうち、1つでも足らないと、肌のバリア機能が低下してしまいます。この為、皮脂を無理に取り除いてしまうのでは、肌の保湿成分を自ら取り除いている事と同じ事になります。

保湿が必要なのは乾燥しやすい冬だけではなく、冷房が効いて乾燥している夏も肌は乾燥しやすくなっています。夏場は特に汗をかきやすく、肌がベタつくのに冷暖房器具で肌の水分は失われやすい状況なので、洗顔でさっぱりしたいという人が多くいます。

皮脂は正常な肌の状態であると、肌の表面にある皮脂の量が少ないと、肌を保湿する為に皮脂を分泌して補なおうとします。脂取り紙で一部分だけ油をとっても、皮脂は足らない部分は補おうとしますが、皮脂を一部だけ分泌する事ができないので、全体に皮脂が分泌されますますテカリが酷くなってしまうのです。

皮脂は過剰に分泌している分には、ニキビの原因にもなるので取り除く必要がありますが、適度に分泌している分には無理に取り除かず、肌の保湿成分として働いて貰いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved