肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌タイプ別の保湿

シワと保湿

肌の老化は以外に早く始まり、25歳からターンオーバーなどは乱れてきます。さらに、40歳ころから、本格的に肌の老化が始まって、シワやたるみといった肌の老化現象がはじまります。

このように、肌が老化する原因は、肌の保湿が行えておらず、角質層に潤いを保つ角質細胞間脂質と天然保湿成分、そして皮脂が不足していくのが原因とされています。皮脂が分泌されると汗と混ざって皮脂膜を作り、角質層を薄く覆って水分の蒸発を防ぐ保湿効果を示します。

しかし、皮脂の分泌は年齢と共に減少していき、女性の場合、閉経直前は女性ホルモンが低下して、20代の1/10程度の皮脂しか分泌されないとされています。

皮脂の保湿力が低下する以外にも、角質細胞間脂質のセラミドが減ってくる事も関係があります。セラミドも若いうちはたくさん肌に存在していますが、年をとると生産量が大きくへってしわなどの原因になっています。

この為、シワの発生を抑制するには保湿が大事 で、保湿成分の特にセラミドが必要とされています。セラミドは肌の構造を支える肌の接着材としての働きもあります。セラミドが不足して肌の構造が乾燥して、ボロボロになると、土が乾いてひび割れるように、肌もひび割れてシワになってしまいます。

セラミドや皮脂膜がなくなると角質は肌を守るバリア機能が失われ、肌トラブルが発生して、ますます肌は老化が進行します。肌の老化を防止したい場合は、紫外線対策だけでなく、肌の保湿も十分に行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved