肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌タイプ別の保湿

ニキビと保湿

理想的な肌は、十分な水分が肌にあり適度に保湿成分がある状態のことをいいます。肌に十分な水分がないために、乾燥肌になってしまう人が多く、肌に水分を補給したくなりますが、乾燥しているときは、ただ、水分を補給しても乾燥肌の解決にはなりません。

乾燥肌を改善するには、肌に水分を保って保湿する為の油分が必要です。乾燥肌の多くの人が、肌に水だけを補給すればいいと考えており、保湿は肌がテカル原因になるからやりたくないという人が多くいます。

しかし、乾燥した肌に水分だけ補給しても、すぐに乾いて肌がつっぱってしまい、ガサガサと肌がささくれだってしまいます。逆に、乾燥肌に油分だけ与えても解決にはなりません、肌には水分がない状態で蓋をしてしまったので、外部の刺激から肌を守る事はできますが、肌が乾燥しているという事実は何も変わりません。

乾燥肌の場合は、水分補給して肌の水分を補い、油分で保湿する事で肌に水分を閉じ込める事ができます。乾燥肌では、水分だけでも油分だけでも不十分で、水分と油分のバランスが保たれる事で症状の改善が行えるのです。

肌は水分が無くなると、肌の油分もなくなってきます。すると、脳が勘違いをして肌にどんどんと油分を出して、肌の乾燥を防ごうとしますが、乾燥した肌に油分があっても状況が悪化するだけです。

にきびができると皮脂が原因な気がして、皮脂の分泌を促したり、保湿成分は使用したくないという人がいますが、上記のように保湿だけ行っていても、いづれ肌は乾燥してしまい、皮脂が果過剰に反応して皮脂が分泌されて悪化する事になります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved