肌の基礎知識
アレルギー肌
乾燥肌
脂質肌
肌の構造
敏感肌
肌タイプ別の保湿
アトピーと保湿
シワと保湿
ニキビと保湿
赤ちゃんと保湿
男性と保湿
肌の保湿方法
クリーム
パック
化粧水
洗顔方法
脳内疲労の解消
保湿とスキンケア
ホルモンと保湿
乾燥肌の保湿
紫外線と保湿
入浴と保湿
冷え性と保湿
肌を保湿する栄養
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
プラセンタ
肌の保湿成分
コラーゲン
ヒアルロン酸
角質細胞間脂質
天然保湿因子
皮脂

肌の保湿ケアの正しい判断

肌タイプ別の保湿

赤ちゃんと保湿

赤ちゃんの肌は、大人に比べて非常にデリケートで乾燥しやすく、皮膚の厚さも大人の半分程度しかありません。この為、肌のバリア機能も不完全で弱く、赤ちゃんもスキンケアが重要になります。

特に、赤ちゃんには保湿を重点においてスキンケアし、まめに不足している水分や油分を補ってあげましょう。赤ちゃんの肌は、生れてから3歳までは不完全な肌なので、肌が十分育ちきるまでは、大人が注意してあげる必要があります。

特に、食事の後に口や顔の周りを拭いた後は、保湿をするのを忘れがちです。食後にタオルで口の周りを拭いただけでも、赤ちゃんの肌は乾燥して傷つきやすくなっています。

またオムツ替えの後やなども、しっかりと保湿してあげましょう。赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、角層も非常に弱くもろいのが特徴で、皮脂の分泌もほとんどありません。この為、皮膚の大切なバリア機能が不十分で、刺激を受けやすく、赤ちゃんの肌はタダレやすいのです。

皮脂は天然の保湿成分で、皮脂膜をつくって角質層に水分を保ちますが、赤ちゃんは皮脂がないので、清潔を保ちつつ保湿を心掛けましょう。 一般的に、生後1ヶ月は皮脂の分泌が活発であるとされますが、成長に向けてホルモンの分泌が乱れ始めると、頬や口のまわりから乾燥しやすくなります。

生後3ヶ月頃から、皮脂は急激に減少して、生後5ヵ月以降は乾燥しやすい時期と言われています。動きが活発になった赤ちゃんは、布団などにすれても肌が傷むので、マメに保湿は行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 肌の保湿ケアの正しい判断 All Rights Reserved